ブログ

now

視界

儚さが心から消えない

何してても結局人間なんだなって感じる

1秒ごとに気分が変わる

未来なんてあるんかな

25歳、26歳、27歳、28歳、29歳、30歳って

想像がつかない

べつに嫌なことがあったとか

死にたいくらい行き詰まってるとか

そういうことではない

生きてるのかな

みな結婚やら子どもやら

将来に希望抱いて未来を語っている

想像がつかない

地球はその時あるのかな

戦争は起きてないかな

わたしは生きてるのかな

人生って儚いよな

だって80年しかない

40も過ぎればシワや白髪も増える

やっと経験値や知識も増えてきたと思ったら

肌や髪のツヤツヤはオワリ

されど22歳

太陽の光が眩しすぎて

なんて短い

なんて儚い

知らなかった…元ローソン店員が教えるマチカフェのおトク情報3選。


今やなくてはならないコンビニコーヒー

仕事の休憩時間や食事を買ったついでに飲む人など一度は買ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

そんなコンビニコーヒーについて、

元ローソン店員がおトクなコーヒー情報を教えちゃいます!!

 

 

 おトク①:マイタンブラー持参で10円引き!

 

知る人ぞ知る、嬉しいサービス!

実は、ローソンはタンブラー持参で10円引きになるのです!

(一部ドリンクメニューを除く)

 

タンブラーを持参し、カフェラテMサイズを購入した

ローソン沖縄ブログ担当のリエコさん。

 

 

 カフェラテは、通常Mサイズ150円(税込)

 

しかし!

 

 

 

LAWSON OKINAWA HAPPY BLOGより参照(https://www.lawson.co.jp/lab/okinawa/art/1352996_4667.html

 

お気づきでしょうか??

タンブラー持参で10円引き140円になっています!

 

 ローソンは、コーヒーかすを肥料や牛の寝床にリサイクルしたり、マイタンブラー持参で紙カップを削減するなど、エコ活動に取り組んでいます。

ちなみに、コンビニコーヒーでタンブラーに割引を入れているのは今のところローソンだけ!

なんてお財布にも地球にも優しい取り組みなんだろう♪

 

今日からあなたもマイタンブラーでエコな取り組みとおトクな買い物をしてみるのはいかが?

 

おトク②:ハニーミルクラテの美味さが神級! 

 

ローソンのウチカフェは、ブラック無糖コーヒーやカフェラテ、キャラメルラテ、ほうじ茶ラテなど種類が超豊富!

 

その中でも今、

じわじわと人気を上げているドリンクがあります。

 

その名も・・・

 

「ハニーミルクラテ」!!!

 

 

ハチミツの甘さにハマる人続出!

 

 

f:id:onepd006:20190129161912p:plain

 

 

こんな大人買いする人も。

 

www.instagram.com

 

ハチミツの甘みとミルク感、エスプレッソが絶妙に溶け合うバランスがクセになります。

 

「疲れた…」

「甘い物が飲みたい…」

「癒しが欲しい…」

 

そんな時に飲みたくなる商品。

 

中毒性が高いので、飲みすぎにはご注意を。

 

●ハニーミルクラテ 税込168円

●カロリー 177kcal

 

 LAWSON公式サイトより参照

(https://www.lawson.co.jp/lab/okinawa/art/1352996_4667.html

 

 

おトク③:30円!?マチカフェのメガサイズ!

 

見て!

www.instagram.com

 

この衝撃的な大きさ!

 

www.instagram.com

 

 

カップのロゴもカワイイ♡

 

 

 

毎年好評のマチカフェ「メガサイズ」。

 

メガサイズ一杯でMサイズ二杯分の量が楽しめるんだって。

 

なんと、30円もおトク!

スゴイ。

 

大容量でゴクゴク飲めちゃう満足感がたまらない♡

コーヒー好きには勿論、暑い時期にピッタリの商品!

 

 

「メガ」体験、おススメです。

 

 

メガアイスコーヒー 税込270円      

●カロリー 24kcal    

 

メガアイスカフェラテ 税込270円

●カロリー 168kcal

 

商品写真

 
  

 

 

 

ローソンコーヒーで幸せなひとときを。

 

いかがでしたか?

ローソンのマチカフェはおトクな情報が盛り沢山でしたね。

ローソンには、コーヒーだけでなく、紅茶やココア、カフェインレスドリンクなど多種多様なドリンクが揃っていて毎日行っても飽きません。

 

一日の活力にマチカフェをプラスしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

関連リンク

www.facebook.com

 

twitter.com

 

 

 

 

 

選考後の電車内で

選考後の電車内。

 

赤ちゃんを抱くお父さんに席を譲る女性がいた。

あったかい気持ちになった。

 

きまずそうに眉毛を潜め俯き加減になる男性がいた。おそらく、女装をした男性だ。

かなしい気持ちになった。

 

そんな表情でなくていいのに。

 

何かあったか分からないが、

カレの苦悩や困難が表情から読み取れた様な気がしてならなかった。

人と違う、というだけで

未だ自信を保ちにくい世の中なんだろうな。

 

恐らくカレは100パーセント以上の勇気を出して外に足を踏み出しただろうに。

家の玄関からこの電車にくるまで、

どれほどの瞬間や目線が突き刺さったのだろうか。

 

カレが前を向いて堂々と生活できる社会にしたい。

自分らしく生きる人が増えていける社会にしたい。

自分らしさを塞ぐ人が減っていく社会にしたい。

 

選考後の電車内で

ふと強い想いに駆られた

表情だった。

2018⏩2019

2018年は挑戦の年でした。

休学を決断した2018年2月。

4月 : 渡米。1ヶ月間働く

〜ブログ始動

6月: 漢検2級、国際知識検定1級取得

7月〜 ; 元TBSキャスター下村さんの下でメディアリテラシー教育を勉強させて頂き、

8月: トルコ🇹🇷旅行

9月: 外務省プレゼンコンテスト出場

: 50人以上の社会人と出会う

: 映画CM制作会社で長期インターン

10月 ; 横浜市教育委員会に一人でのりこみ、個人プレゼンしたり、(苦笑)

散々だったけど、現場の先生方やNPOと繋がりができて沢山のチャンスを頂いた。

10月 :BSデビュー

・趣味の絵で、YouTube発信始動

11月〜加圧トレーニング始動、等等

 

挑戦した。

 

ストレスからメニエール病になったり、逆流性食道炎になったり。人の目を気にしがちでSNS発信が苦手な性格だからこそ、勇気出して行動する自分についていけなかったり。それでも将来なりたい自分に少しでも近づけるようにって。

 

酸素を求めて口をパクパクする魚のように常に栄養求めて泳ぎ続けて、アップしながら体を動かし続ける陸上選手のように、止まらず自分を鼓舞させて。

焦って、もがいて、時には自分を見失いないながらも、

22年間で最も自分と向き合えた1年間だった。

 

今年は就活というメインイベントが待ち構えている、。要領も良くないし、特別な才能がある訳じゃないから。人何倍もの努力で絶対勝つ1年にしたい。

 

初心と感謝を忘れず、

そして、

人を大切に。

 

2019年は

勝つぞ!!!

 

 

2019.1.3.

 

 

 

 

“どんな人生を送りたいですか?”

 

就職活動でよく聞かれる質問。

自己分析をする中で、

どんな人生を送りたいか、

どんな自分でありたいか、

どんな風に死にたいか

深く考えるようになった。

 

そこで感じた。

 

私、納豆みたいな人生送りたい。

納豆のような存在になりたい。

 

——————————————————

 

週3-4で、毎朝納豆を食べる私。

ある朝、いつものように納豆をグルグルかき混ぜ、生卵と混ざる一粒一粒を見つめていた時

ふと思い立った。

 

“納豆ってめちゃ優秀じゃない?”

 

★六大栄養素を含む。(タンパク質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・脂質・食物繊維)

→栄養満点でバランスが良い

→エネルギー(刺激)をくれる

しらす、キムチ、ゴマ、梅、卵、ふりかけetc 何でも合う。

→素直 & 柔軟 & 優秀

★ネバネバ。

→諦めない

 

みたいな!!!

 

勿論、ルフィみたいに夢や信念に素直に真っ直ぐ生きたい!とか、チョッパーみたいに誰からも愛される人になりたい!ていう理想もある。

けれど、現時点でどんな人になりたいか?て聞かれたら納豆(注 : 人ではない)になりたいのだと思う。

 

身体の底から湧き上がるような

活力と刺激をくれて、

栄養があり豊かで奥深く、

素直で柔軟性があり、

最後まで粘って諦めない、

 

そういうヒトに

私もなりたい。

 

f:id:onepd006:20181215223429j:image

 

揚げ物も譲れないけど。

 

 

#1映画ノート🎬『未来を花束にして』

終始苦しい映画だった、

映画でこんなに涙したのは久しぶりだ。

 

人権が前進した今があるのは、

100年前、勇敢に行動した方々がいたからなんだって改めて心で感じた。

何千もの生活.名誉.命が犠牲になって、やっと掴んだ権利。

もし、今の時代にこの映画に関心を持ち、感動した事に意味があるなら、彼女たちの勇気や信念を尊重し、感動に基づいて日常生活にアウトプットする事が求められているのだろう。

それは、問題意識を抱えている社会問題や地球課題に関して言葉ではなく行動することを意味している

 

危機迫る温暖化や複雑な事情が絡み合い拡大する難民問題等々、ある問題が在っても、見て見ぬ振りやなんとかなるだろう精神、そもそも無関心の人々が多い社会で、勇気というある種の労力を使うことも多い。

されど、1人でも多くの人に知って貰い、心に刻んで欲しいという想いがある限り行動あるのみなのだと、学ばせてくれた作品だった。

 

100年前、犠牲になった何千もの命を、

より良い未来に届けられるように私なりにカッコよく進みたい。

 

f:id:onepd006:20181215210111p:image